本当の自由はダイソーでクッションが買えること

って最近思いました。

 

一体なんのこっちゃって話ですが、

要するに「選択の自由がある状態」が本当の自由という話。

 

よく、ビジネスで成功して大金持ちになった人のイメージって言ったら、

・毎日高級なディナーを食べに行ってる

・酒・女・夜の遊びで豪遊

・高級な服とか腕時計を身にまとう

・南国に移住して悠々自適に生きてる

 

みたいな「THE・自由人」「THE・成金」って感じだと思うんですけど、

僕が考える自由な生活って、

こんな華やかなものじゃなくて、もっと地味なんです。

 

 

 

ダイソーのクッションが最高すぎる

 

この間、学校帰りにダイソーに寄ったら、
売ってたクッションが控えめに言って最高の触り心地でした。

まるでマシュマロのよう。

 

一度触ったら離せない柔らかさで、3分触ってたら天国に行きそうなレベル。

 

その辺のブランド品こそ至高って思ってる人に言ってやりたいです。

ダイソーの方が良いぞって。

 

考え方は違うけど

 

 

ただ、今言った「ダイソーのクッション最高」説は、

決して僕が倹約家だから、「コスパ面も考えてダイソーが良いね」
って言ってるわけではありません。

正直、値段はあまり気にしないです。
純粋に触り心地の良さ、天国に行くまでの速度でランキングしてます。

 

ここで、

「百均でこんなクッションが売ってんだぜ?どうせブランド品も変んねぇだろ」
と、何も知らずに憶測で判断するのと、

「両方買って使ってみた結果、ダイソーもお高いところもそんな変わんない。ていうかダイソーの圧勝」
って言えるのとでは意味が違います。

 

前者にはひがみが混じってます。

クッション(細かい日用品)まで回せるお金に余裕がなく、
それ以上のモノを望むことを金銭的に許さないので自己防衛的にブランド品を拒絶してます。

安物にしか手の届かない自分を受け入れたくないから虚勢を張り続けます。

 

対して後者は、

金銭的に余裕がありまくる人なので、

2つを買って使い心地を確かめるってことがあたりまえのようにできるんですね。

 

で、比べた結果、
ダイソーが良いなら、ダイソーのクッションをこれからも買えばいいわけで、

ブランド品が良いなら、これからはそのブランドの顧客につけばいいわけです。

この時点ですでに前者との間で、
行動と選択の自由に大きな差が生まれてます。

 

小さいころから何かと制限って受けてる気がする・・・

 

例えばお寿司を食べに行ったときとかに、

皿ごとに違う値段が振り分けられてるお店に入ると「高いお皿はあんまりとるな」と制限をかけられていた気がします。

 

あと、超個人的なことで言えば、

シャーペンとか、ボールペンを買う時は、1本1000円とかするようなバカ高いやつじゃなくて
コンクールの参加賞とか、なんかの懸賞でもらった安物のペンを使ってました。

僕が小5か小6くらいの頃から「クルトガ」とか「デルガード」とか、

ペン回し専用ボールペンとかが登場して、一気に筆記用具ブランドが加速してた感じがあります。
(ペン回し専用とかいるのか?、字書きなよ)

 

まぁ、ただどの事例を見ても言えることは同じで、

結局、お金の自由が少ないからお皿を選ぶ権利もないし、ペンを選ぶ権利もないわけなんです。

 

僕たちはこの感覚を、
小さいころから「我慢」という言葉で教育されてきました。

我慢自体は悪くありません。
ビジネスでも、頭の中をスッカラカンにしてホイホイ案件に引っ掛かってたらカモにされます。

 

一見よさげに見えても、ちょっと我慢して冷静に考えることも大事なので、
一概に我慢を悪く言うことはできないんですが、

 

大きくなって、この我慢を変な方向にこじらせると、

「節約してる私偉い」とか

「ブランド品とか見栄じゃん」とか

しまいには「世の中金じゃない」とか言い出すわけです。

 

我慢もここまでくればいよいよ虚勢(ただの強がり)になっていきます。

 

結論:自由になりましょう

 

まずは金銭的な自由から獲得していきましょう。

金銭的に自由になれば他の自由もおのずと手に入ります。

 

選択の自由、行動の自由、精神の自由、人間関係の自由、などなど・・・

 

これらすべては
周りの環境や意見に最終決定権を握られることなく、最後まで自分が手綱を掴んでる状態にあります。

だから何でもできる。

 

けど・・・

 

お金の自由で終わりじゃない

 

よくネットビジネスやってる人って、

「ネットで稼いで自由になります」って人が多いですよね。

 

僕も前までそうでした。
むしろ今も卒業後の独り暮らしをより安定させるためにもうちょっと頑張ってるんですけど、

実家に住みながらビジネスしてる状態で考えたら、
今って割と「自由」に近い状態なんですよね。

 

なので、「月収100万稼いで自由になってる人ってこんな感じなのかなぁ」ってのが薄々分かります。

 

もちろんこれを見てるあなたも、
きちんとした方法で実践すれば、月収3,40万は余裕で達成できますし、
100万も射程圏内に入れることも不可能じゃありません。

1000万とか1億稼ぐ人がゴロゴロいる世界なので、
これくらいは余裕だと思ってください。

 

ただ、重要なのはここからです。

 

お金ある、時間ある、行動・選択・人間関係、全部の要素が全部自由という人生を手に入れたとして、

 

あなたはそこから何を望みますか?

 

一番ダメなのは、特に何も決めずにブランド品買いまくったり、高級ディナーで毎日舌鼓を打つだけの生活をすることです。

価値のあるコンテンツ(商品・サービス)に触れて、自分の価値観や存在を高めるっていう目的ならいいんですが、

何も考えずにただ買うだけは本当にやめましょう。
それと、価値観を高めるのも割とすぐに限界が来ると思います。

 

一番いいのは言葉とか思考とか、自分の成長につながる情報にアクセスし続けることですね。

 

自分の言葉、思考がアップグレードされたら、より大きな金額も狙いやすくなります。

発信の質が上がるので、単価の高い商品の成約でも有利が得られます。

 

多くの人が5000円とか、2万円のbrainだのnoteだのスクールだのを
売るだけで血と汗と鼻水と涙を流して一杯いっぱいの状態の最中に、

あなたは真顔で10万、30万の商品をポンポン売れるようになります。

 

自分の知識、思考に投資し続けましょう。

 

そんなお話でした。

 

 

それでは(*´ω`)

 

仕組みを作って自由に生きる。ネットビジネス講座を公開中です。

 

僕は高2でネットビジネスを始めて、
今は月80万くらいの収入があります。

もともとはそこらへんにいる冴えない男子高校生でしたが、
就職するのが怖かったので起業して稼ぎ始めました。

 

今は学校に行ってる間にも
自動で収益が発生する仕組みを作っているので
極論、働かなくても生活できます。

自分の力で稼げるようになると、
自信が持てるようになり精神的に安定します。

あと、生活のなかの選択肢が増えるので
ストレスの一切ない楽しい人生を送ることができます。

下の記事では学校に行きながら月収80万を達成するまでの方法論について解説しています。

 

 

あと、次のうち1つでも自分に当てはまるものがある人は
冷やかしでも良いので僕のメルマガを読んでみてください。

 

・ 会社とかバイトをせずに稼ぎたい人

・ 時間もお金も両立した生活を送りたい人

・ 今の生活に不安があって将来のために独立したい人

・ ストレスのない自己満で完結する自由な人生を手にしたい人

・ 今すでにネットビジネスをやっているが稼げてない人

 

どんな人であっても、
きちんと勉強すれば稼ぐことはできます。

 

現在、期間限定で無料オンラインスクールの体験学習を実施してます。

今後予定なく無料体験学習を中止する場合があるので、
興味のある人はぜひこちらから受講してください

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です